製菓学校選びは「就職先」で選ぶと良い

飲食業界で働くことを目標にしている人の中には、大きく分けて「接客」「調理(製菓製パンを含む)」の2種類の選択肢があります。

もっとも、接客担当として飲食店で働きたいと思っているのであれば、敢えて学校で知識や技術を学ばなくとも十分に通用します。



調理に関しても同様のことが言えますが、こちらに関しては「キャリア形成」の意味も含めて専門学校に通っておくと効果的です。



製菓技術を学べる専門学校は、調理師免許取得を目的としている人が利用している中に併設されている場合と、製菓製パンのみ、またはバリスタコースなどを含めたドルチェ向けの施設とがあります。

一概にどちらかの方が優れているとは言えず、具体的な内容や目的に対してピンポイントでアプローチすることができるかどうかなどを加味して判断することになります。

ただ、いずれの調理技術に関しても、訓練施設で学べる内容は実践ではほとんど役に立ちません。
それこそ、専業主婦として数年過ごした人の方が即戦力になる可能性すらあるほどであり、これは分野を問わずある程度共通しています。
つまり、いち早く実践に出た方が後々のメリットになりやすいということになるわけですが、あえて専門学校などの訓練施設に通うメリットもあります。



それは、「キャリア形成に効果的なコネクションづくり」です。

同級生、講師、研修先などにコネクションが出来ることによって、就職に有利になったり、ランクの高い就職先が見つかりやすくなったりします。

Copyright (C) 2017 製菓学校選びは「就職先」で選ぶと良い All Rights Reserved.