製菓の学校は、専門学校になります。

そこに入学して、本格的に製菓を学びます。



専門校なので、期間は2年間のことが多いです。

普通の課程に入学したら、一日中勉強することになります。製菓の専門学校の学費は安くありません。地域や学校によって異なっていますが、初年度の学費が100万円を超える場合があります。

生徒が学費を払いやすくなるシステムがいろいろあるので、それを使えば、入学は可能になることが多いです。


例えば、奨学金を出してくれるところがあります。

経済的な理由で、昼間に行けない時は、夜間のコースに入る方法もあります。

この方法だったら、午前中から午後はアルバイトをして、夜間に学校に行くことになります。


アルバイトでお金を稼げるので、学費の負担は少なくなります。


都市部だったら、アルバイトの数は多いので、その中から自分に合ったものを選びましょう。
勉強もしないといけないので、身体的な負担が少ないものが好ましいです。できるだけ時給の高い仕事を見つけるのが、コツになります。

夜間のコースだからといって、授業の質が劣っているわけではありません。

昼間のコースと共通した先生から授業を受けます。

決められた課程を卒業して、単位を取得したら昼間のコースを出た人と同じ資格を得られるようになります。



就職先を探す時も、昼間と同じようなサポートを受けられます。



昼間は働き、夜間は勉強なので苦労が大きいと言えます。
ただし、それをやり遂げることができたら、自分に自信を持てるようになります。

Copyright (C) 2017 製菓学校には夜間のコースもある All Rights Reserved.