製菓専門学校に通いながら意識すると良いこと

製菓業界で働きたいと思っている人の中には、専門学校などに通って基礎知識や技術を学ぶ人がいます。
直接メーカーやケーキ屋さんなどに就職してしまう人もいますが、専門学校に通う場合には現場だけでは得られないメリットがあります。

現場で修業をした場合、多少なりとも早く独立できるようになる可能性が高いです。



製菓専門学校で学べる知識や技術はあくまでも基本的なものであり、実践的なスキルや知識を身に付けるためには実践経験を積む方法が最も効率的です。



仕事として学べる環境であればそれが出来るので、無駄なく効率的な学習をすることが可能です。
ただ、製菓専門学校に通っているからこそできることもあります。
たとえば、「将来的に価値のある人脈作りが出来る」ということがあります。
生徒、教師、講師、研修先などのさまざまな人脈が出来上がるため、就職後にさまざまなメリットが期待できます。
これは現場で学ぶことを選択した人にはないメリットであり、特権と言っても過言ではありません。

そのため、在学中はできる限り多くの人と交流を持つように意識することが大切です。



人見知りな性格の人などは、高校の延長線上にあるような生活をしてしまいそうなところですが、すでに社会人に片足を踏み入れていることをしっかりと自覚することが大切です。


しっかりとコネクションを作り上げておけるかどうかで将来の安定感が大きく変わってしまうこともあり得るということを自覚し、積極的に取り組むようにしましょう。

Copyright (C) 2017 製菓専門学校に通いながら意識すると良いこと All Rights Reserved.