パン屋さんやパティシエなど、製菓に関する職業につきたいと考えたときは、製菓専門学校に行くことが必要です。
専門学校に通うことによって、調理の基礎から応用まで学ぶことができますし、実際にパティシエとして働いている人が講師となって教えてくれるので、最新の流行を取り入れた技術を学ぶことが可能です。
卒業をしたら、自分で就職先を見つけるという方法もありますが、学校や講師が就職先を紹介してくれることもあります。

もちろん即戦力を求めていますから、実力のある生徒が声をかけられることになりますが、有名な会社やレストランからも声をかけられることがあるので、大きなチャンスになります。



製菓専門学校は沢山ありますが、自分に合ったものを選ぶことが必要です。そのためにはそれぞれの学校が行っている体験入学に応募して、説明会に参加をして、雰囲気を知ることが大事です。

多くの場合、体験入学として実際に行われている講義を受けることができるようになっています。

複数の部門があり、その中から1つだけでなくすべても部門を体験入学できるようになっています。



現役の生徒から話をきくこともできますし、入学することによって学べることを知るきっかけになります。


さらに実際にパンやお菓子を作る実習を行うことができるので、調理設備などを確認することができます。

最新の調理設備が導入されていることも、選ぶ時の条件になりますから、必ず体験入学に行くようにしましょう。



Copyright (C) 2017 製菓学校を選ぶ時は体験入学に行こう All Rights Reserved.