製菓を学べる学校選びのポイント

将来、パティシエを目指したいという人も多いと思います。


個人的にお店に修行に入るという方法もあるかもしれませんが、一番の近道は製菓が学べるところへ進学することです。



製菓を学べるところはカルチャースクール的なところもあれば、専門学校もあります。

どういうところを選ぶかはその人の立場にもよります。



例えば、社会人の人であれば、昼間部の専門学校に通うよりは、夜間の学校だったり、カルチャースクールだったりを利用した方がいいかもしれません。高校を卒業してすぐに進学するのであれば、専門学校に通うのが良いでしょう。

では数ある学校の中からどう選ぶかですが、多くのスクールでは体験入学とかオープンキャンパスといったものがあり、まずはそういったものに参加し、自分の目でみてくるのが一番です。
最近ではパンフレット類も充実し、ホームページでカリキュラムなどが紹介されているケースが多いですが、実際に見てくるとやはり違います。



多くの場合が実習施設を診させてもらえるはずです。
自分が学ぶ環境としてどうなのかを観たり、在校生に話を聞いてきたりするといいでしょう。

このほかにポイントになるのが、製菓以外に何が学べるかです。

製菓と関連するカフェメニューの勉強ができるところもあれば、将来の就職活動を見据えて、ビジネスマナーが学べるところがあります。

また将来のお店経営に役立つようにPOPやインターネット、経営学が学べるところもあります。こういったところを見て、納得のいく場所を選んでほしいものです。


Copyright (C) 2017 製菓を学べる学校選びのポイント All Rights Reserved.