製菓学校で学んで得られる将来の可能性

製菓学校は、文字通りお菓子作りを学ぶ場所ですが、基本的にはパティシエになる為にあります。

パティシエとは、フランス語で言う菓子職人のことで、元は洋菓子職人を指す言葉です。



日本には、洋菓子だけでなく伝統的な和菓子もありますから、製菓学校によっては和菓子作りも学科の一つです。
本来は菓子ではありませんが、パンも製菓の一つと考えられているので、これも学校のカリキュラムに組み込まれています。



製菓学校に入学する際は、和洋菓子やパンの中から学びたい学科を一つ選び、専門的に取り組んで職人を目指すことになります。

学ぶ期間は学校によりますが、通常は1年制と2年制が用意されていて、自分の学びたい期間に合わせて選べます。
1年制は、製菓の基本を学ぶだけで1年が経ちますから、応用力が身に付くかどうかは本人のその後次第です。基礎に加えて応用力も育てたい場合は、2年制を選択すると2年間の学習期間が約束されるので、気持ちに余裕が持てるでしょう。

卒業後は働きながら実践で学ぶ方法もあるので、1年制と2年制の選択肢は、入学時に将来を考えて決める嬉しい悩みとなります。

晴れて卒業した後は、お菓子の専門店を始めとして、ホテルの菓子職人であったり、結婚式場といった場所が進める道に加わります。

レストランのお菓子作りの顔になるのも、工場で裏方的に働くことも可能になりますから、自分で道を選んで切り開ける面白さがあります。
お菓子作りは技術と知識が必要な世界ですから、基礎から学べる場所には価値がありますし、在学中も卒業後も選択肢が豊富なのは魅力的です。



Copyright (C) 2017 製菓学校で学んで得られる将来の可能性 All Rights Reserved.