製菓の専門学校で学ぶこととは

製菓衛生士という資格は、パティシエを目指している方ならご存知のことではないでしょうか。

この資格は、製菓において非常に大切な、衛生学や添加物についての知識を習得したと示すことができるものです。

お店の開業にも必要とされる資格で、また、様々な調理に現場で重宝されています。

では、この製菓衛生士の資格はどのように取得するものなのでしょうか。



取得には二種類の方法があります。

最終的には所定の場所で筆記試験を受けることになるのですが、受験資格得るためには、厚生労働大臣が指定した養成施設で1年以上経験を積むか、2年以上製菓製造業に従事することが必要です。
一般的には1年で取得することができる養成学校への入学を選択される方が多いと言われています。


では、養成学校ではどのようなことを学ぶのでしょうか。



簡単に見ていきましょう。


養成学校では、実技による授業が多いと思われるかもしれませんが、基本的には座学が基本で、実技は週に2、3回程度です。
座学では何を学ぶのかと言えば、冒頭で少し述べた衛生学や食品衛生学、製菓概論などが主です。


衛生学では、単純な清潔さの知識だけでなく、衛星とはどういったものかという基礎的なことから学ぶことができます。



衛生学と少し似ている、食品衛生学では、食中毒の危険性や食品添加物の仕組みや知識について学んでいきます。

ここまで聞くと、物凄く取得難度の高い資格のように思えるかもしれませんが、あくまで学ぶことは食品に関わる人にとっての一般的な知識ですから、そう身構えるほどではないと言えます。

しっかりと学べば決して取得が難しい資格ではないのです。


Copyright (C) 2017 製菓の専門学校で学ぶこととは All Rights Reserved.